2002年3月の福郎 
   
3月9日(土) 林家亭染語樓の日
ワッハ上方レッスンルームでの林家亭染語樓の日にゲストで出演。この会、染語樓くんの息子・市楼くんの初舞台とあって、新作「釣り師・吉田はん」にも力が入りました。ワッハの向かいNGKに出演中の文珍兄が、「ちょうど時間が合うたから」言うて、特別ゲストということで飛び入り出演。お客さん、大喜び。
4月20日の独演会チケットをお買い上げいただいたお客様方、おおきに。
   
3月10日(日) もぎた亭観梅会
am10:30京都駅の中央改札口に集合 京都駅から市バスに乗って北野天満宮へ。「遠足や、遠足や。」
第31回公演を30日に控えて、「根多を練るのも根多を繰るのも一休みして、ちょっと遊ぼか」と言い出すとノリがいいもぎた亭メンバー。風邪や仕事や事故などでやむをえず参加できなかったメンバーもいたのは残念でしたが、都合のつくモンだけで京都の一日を楽しみました。 北野天満宮の梅園は今が見頃。道真公が「思いおこせよ梅の花」と詠んだのはどの梅や、と論議勃発。
千百年大萬燈祭が開催されている北野天満宮では、ちょうど御報告法要が営まれていました。境内も、縁日でにぎわっています。 昼メシを食べに、東山三条の
福久朗(ふくろう)へ。名前が
僕と同じ店で、オムライスを。
昼3時から木屋町で呑み始め、祇園に移動。解散したのは、集合から12時間後になりました。
  
3月13日(水) 第28回魚仁寄席
ゴルフから帰るや慌しく衣裳を準備して、魚仁へ。福郎会会員の皆様に大勢お越しいただき、会場は、いっぱいのお客様。その後、エエ機嫌で、文華くんと二人で祇園へ。さらに流れて、千鳥足で帰宅したのは、エエットォ何時やったかいな?
   
3月20日(水) もぎた亭手見世の会
第31回公演まで後10日。衣裳こそつけませんが、演者が順番に高座にあがって本番さながらに熱演しますと、作家連と他の演者がよってたかって「ここはアカン、あっこもアカン。」と難癖つけます。この段階で大幅な書き直しを余儀なくされる場合もありますが、その後の酒の席に影響を及ぼすことはけっしてありません。
   
3月24日(日) 板宿寄席
団六くんから声をかけてもらって、板宿寄席に初出演。
前日から泊まっていたYMCA六甲研修センターを早目に出て、板宿寄席の会場・立正寺へ向かいました。
閉演後の打上げは、板宿寄席の事務局「手打ちうどん・よど」で。
   
3月25日(月) 北野天満宮
北野の天神さんで行われている菅原道真公1100年大萬燈祭のメインイベント「大祭」が営まれたこの日、夜に開催された奉納落語会に出演さしてもらいました。折しも境内は「天神さん」の縁日が出て賑わっています。落語会場の社務所も大入。
およそ400年前に豊臣秀吉が北野天満宮で開催した「北野の大茶会」を舞台にした根多、「おなら小町」でお楽しみいただきました。
閉演後、宮司さんから両手に持ちきれないほどの折詰やら記念の品々をいただきました。その中で開けてビックリ!がこの賞状。一目見て特上質とわかる手すき和紙に、黒々と手書きの筆文字。しかも特大サイズ!
次に、この賞状が発行される大祭は50年後やろ、まだ生きてたら103歳、ということは、もっぺん僕に授与される可能性はないに等しい。‥‥大事にしょ。
   
3月30日(土) 満開もぎた亭
高津のお宮は桜まつり。境内には縁日が立ち並び、午前中から花見の場所取りが始まっています。
春爛漫、桜は満開、もぎた亭では笑いも満開。
もぎた亭作家連に大人気の、まめだ解説。「これが一番おもろい。」
今回も期待を裏切らず、笑わせてくれました。

花見の席を中座して寄ってくれたお客さん、心斎橋から歩いてきてくれたお客さん方、ありがとうございました。
宮司さんからビールの差し入れをいただいたので、予定を変更して会場で打上げ。高津の富亭から、境内いっぱい咲き誇る桜に目を細めながら盛り上がりました。
次回もぎた亭は東京公演。5月10日(金)お江戸日本橋亭でお楽しみいただきます。
   
3月31日(日) 東光寺
東光寺さんの本堂庫裏修復報告兼蓮如上人500回御遠忌兼永代経法要によんでいただきました。東光寺は本山・東本願寺から一番近いお寺です。