2002年8月の福郎 
   
8月1日(木)通りから子どもの声が消えた
朝起きて朝刊に目を通すと「日本人の平均寿命がまた延びた」という記事が目に付いたので、大阪、中央区の公衆衛生協会総会で講演する資料にと早速切り抜きました。女性が84.93歳、男性が78.07歳で、世界一の長寿国となった日本ですが、出生率は下がる一方で、ついに1.2人。今や子どもは貴重な財産です。
近頃、市街地で子どもの歓声が聞こえなくなりました。朝早い時間や、夕方すこし風が出て過ごしやすくなった頃でも、通りに姿を見せるのは、お年寄りばかり。近所では、子どもがいなくなったため、地蔵盆が無くなる町内が続出しています。
そう考えれば、わがままで、小生意気で、ちっとも言うことをきかない、お調子者で金食い虫のウチの子ども達も、貴重な存在なのかもしれません。
   
8月2日(金)大分県・緒方町
人権講演の依頼をいただいて、大分に行ってきました。
「第10回人権を守る奥豊後の集い」が開催された緒方町は、大分といっても別府より阿蘇に近い土地。大分空港から、迎えに来ていただいた車に乗って、約2時間かかって到着しました。JRですと最寄の駅は豊肥本線ですから、新幹線〜在来線の乗り換え時間を省いても、京都から7時間30分かかる計算になります。
奥豊後と呼ばれる緒方町周辺は、日本の滝百選の一つ・原尻の滝や、滝廉太郎の名曲「荒城の月」のモチーフとして知られる岡城阯がある自然に恵まれた土地柄。終演後、飛行機の時間まで間があったので、担当の方に案内していただき、原尻の滝に連れて行ってもらいました。
滝の雄大な眺めにウットリ。しかし、滝以上にウットリしたのは、「第10回人権を守る奥豊後の集い」の会場となった中学校の素晴らしさ。ほォ〜、フヘぇ〜と、涎をたらしながら案内してもらった緒方町立緒方中学校は、ここをクリックしてください。
中学校の専用講堂は、町民ホールとしても利用されています。
   
8月4日(日)べんがら寄席
山中油店さんのご好意で、日頃は公開していない京町屋文化館を会場に貸していただくことが決まって、町屋での福郎ひとり会「べんがら寄席」が実現しました、。
座布団、見台一式を持って、会場につくと、途端に振り出すスコールのような大粒の雨!
お越しになるお客様が、口々に「やっぱり師匠は雨男やわ。」
「先斗町の襲名も雨、この冬の独演会も雨!」「そうそう、師匠は、大事な時には必ず、雨降らすね。」「そういや、ウチが主催したゴルフコンペの日も雨にしてくれたわねェ。」‥‥いや、ソコまでは濡衣というもの。
「べんがら寄席」は、まだ始まったばかり。自分の勉強のつもりで、初めてかける根多、久しぶりに演ってみたくなった根多、試行錯誤、実験中、現在進行形の根多など、私の稽古場を見ていただくような落語会にしたいと思います。どうか、末永くご贔屓に。 枕を含めて、「まんじゅうこわい」約1時間。 甘いモンは好きやから、地でいける!
   
8月9日(金)もぎた亭番外編
高津神社に会場を移して2回目の「新撰落語もぎた亭」は、ゲストを迎えての番外編。会場いっぱいのお客様達の笑い声と熱気で、大いに盛り上がりました。ありがとうございました。
54回目の誕生日を迎えたこの日、お客様によう笑うていただき、打上げで、もぎた亭スタッフからバースディケーキをプレゼントされて、幸せな一日‥‥
で、終わるはずが‥‥。
   
8月10日(土)荒磯お笑い寄席
荒磯お笑い寄席の時は、いつも、高座道具を搬入するために乗ってきた車は、タワー駐車場に入れておきます。
ところが我が家の車は、今、アンテナ故障中。いえ、折れてるのやなくて、引っ込まない。いつものパーキングに停めるのは無理なので、苦労して荒磯の真横に駐車。高座の前に一汗かきました。
  
8月11日(日)鴨川納涼
鴨川を美しくする会主催の第33回鴨川納涼が、三条から四条大橋の鴨川河川敷で行われ、ボランティアで出演。ステージは蛸薬師ですから、ちょうど先斗町公園のあたりに組まれていました。
鴨川美化の啓発コーナーや、いろんなカルチャー体験コーナーがあって楽しめます。京都佐賀県人会のブースにいたメンバーズshimaのママから、お花をいただきました。
ステージの上は、下からライトがあたって暑かったけど、高座を降りて河川敷を歩いていると、夜風があたって結構涼し。汗がひきました。
  
8月14日(水)敬老会
今年初めての敬老会の仕事で、彦根の原町へ。桂丸福くんが南京玉スダレを披露して拍手喝采!僕が落語をして、またまた拍手!お達者な方が多く、敬老会第2部は、カラオケ大会で盛り上がりました。
お土産にと、かくみや醤油のギフトセットをいただきました。旨い醤油です。かけるのも、つけるのも、この味を覚えたら他の醤油では満足できなくなります。
  
8月16日(金)語り部の祖・稗田阿礼
稗田阿礼(ひえだのあれ)は、7世紀の後半頃に天武天皇のもとで働いていた人で、どんな難しい文もスラスラ読み、一度聞いたことは絶対忘れなかったそうです。その聡明さを見込まれた天皇が、昔からの言い伝えやいろいろな家の家系図などを阿礼に暗唱させ、この日本国の歴史書をつくろうとしました。稗田阿礼28歳の時のことです。その後、亡くなった天武天皇の遺志を継いだ元明天皇の命で、阿礼の暗唱を太安万侶(おおのやすまろ)が記録してまとめたものが「古事記」です。
阿礼祭は、その阿礼をお話の神様としてお祭りしようという呼びかけで、稗田氏の本拠地である大和郡山・賣太神社で始められ、今年で第73回を迎える神事です。
神事では、地元の子ども達が大活躍。奉納の舞も雅楽も、阿礼さま音頭も、代々子ども達の間で継承されているとのこと。
僕が司会をつとめた「語り部祭」では、記憶力バツグンだった先祖・稗田阿礼にちなんで子ども達が記憶力の確かさを競うゲームが行われ、珍答続出!大笑いしました。
  
8月24日(土)長い一日
朝6時過ぎに家を出て、相楽郡の協和ゴルフ倶楽部へ。名神が事故で封鎖される直前にゴルフ場に到着し、早い組でラウンド。僕のスコアは、どうせ誰にも期待されてないワイ。表彰式は失礼して、大急ぎで汗だけ流して、夜は、祇園のちゃんこ屋さん・河村でお仕事だ〜。河村の社長は、元力士だけに太っ腹で、なんやかやとご馳走になって、ゆっくりさせてもらいました。
夜10時を回ってから、僕の悪友・村口氏が指導しているカラオケ教室の発表会&懇親会へ。福郎会の会員のお嬢様方と、深夜まで呑んで騒ぎました。
朝、家を出発してから、実に19時間。長い長〜い一日でした。
カラオケの発表会ということで、僕も歌いました。ヒンシュクかいました。
  
8月25日(日)和知ふるさと祭
和知町のふるさと祭りに行ってきました。人口4000人の町だそうですが、この町を上げての祭りには、どの家にも人が残っていないんじゃないかと思うほどの人出。駅からずっと縁日が並んで、賑やか、賑やか。電車の時間さえ許せば、ずっとこの場にいたいと思った祭り好きの僕でした。
   
8月31日(土)彦八まつり一日目
第12回目を迎える彦八まつりが開催されました。夏休み最後の土日とあって境内はすごい人出、心配された台風も遠慮したか。
夕方になると風が出て涼しくなってきたが、酔いが回って暑うなってきた。酔えば酔うほど、どんどん値を下げてしまう。交渉の価値ありヨ。
シャレでやってる模擬店だが、そこにかける噺家の意気込みはスゴイ。この気合で稽古に励みゃエエのに‥。