2006年6月の福郎
   
6月4日(日) 貝塚浜手地区公民館寄席
米八くんに声をかけてもらい、毎年開催されている貝塚・浜手地区公民館での寄席に出かけました。
南左衛門の代演で出演した南海くんのこの日の演題から、千代紙は、あの一豊公の奥方・千代さんが創ったものだという話題になりましたが、噺家や講談師のいうことですから、どこまでホンマかしれたものやない。
   
6月12日(月) 第22回ときわ寄席
高槻駅前Studio73で開催している「ときわ寄席」は、お茶の名人・池下先生が猛スピードで点てるお抹茶とお茶菓子付きの落語会。今回は、世話役の高井さんが用意してくれたお茶菓子が足りなくなるほどの大入でした。
毎回お越しいただいている常連さんはもちろん、時々お顔をみせてくれる方にも、今回初めてお越しいただいた方にも、次回10月4日(水)のご案内をさしあげます。お待ちしてまっせ!
    
6月20日(火) 大阪おもしろ噺
大阪市立いきいきエイジングセンターの「いきがい発見体験講座」わくわくコースで、大阪に関するおもしろい話を「大阪おもしろ噺」と題して、しゃべらせていただきました。お集まりの皆さんは、ほとんどが60歳以上の方々だそうですが、講話の後は笑ってシワが伸びて(失礼)、ずいぶん若返ったはりました。
    
6月23日(金) 含笑長屋
名古屋の含笑寺(寺名も寄席文字!)で開催されている地域寄席「含笑長屋」にお招きいただきました。「含笑長屋・落語を聴く会」は会員制の寄席で、昭和42年に「柳家小きん独演会」として第1回を開催して以来、今回で第384回を迎えるといいますから、日本でも有数の歴史を誇る地域寄席です。前名・福三の頃から何度か出演させていただき、福郎を襲名してからは二度目、今回は初めて弟子も一緒に出演させていただきました。
この会のお客様に大いに笑っていただくことは、自分にとって大変励みになります。演者を育ててくれる有難い落語会です。