2014年10月の福郎
   
10月2日(木)はな彦亭
落語と宴会がセットの落語会が、高槻で始まりました。阪急高槻市駅近くの「季の味・はな彦」さんで、偶数月に開催の予定です。
というわけで、次回は12月2日(火)です。
   
10月6日(月)第47回ときわ寄席
数日前から台風の行方が心配で、電車が止まったら這ってでも行かなアカンと覚悟していたのですが、昼には青空が見えてきて、開演時間には風もおさまり、大勢のお越しをいただきました。
まだまだ修業中の阿久太「いらちの愛宕詣り」
寝ぐせ頭の石松「江戸荒物」
ますます頭皮が透けて見えるようになった(>_<)福郎「指南書」
この後、11月24日(月・祝)の大津独演会、12月27日(土)の初代追善落語会と、一門そろっての会が続きます。弟子達にしたら、窮屈かもしれませんがね。
   
10月11日(土)第10回きらっと小阪寄席
河内小阪駅前きらっと小阪商店会の空き店舗を会場にして開催している落語会。第10回のゲストは桂坊枝くんでした。
   
10月13日(月・祝)策伝忌
台風が京阪神めがけてやってくるということで、百貨店は早終い、JRも全線運休する中で、策伝忌決行!奉納落語会が始まる頃には、雨風が強くなってきました。新幹線が止まると帰れなくなると東京組の藤兵衛兄さん、圓王くんが高座を降りるなり着替えて飛んで出ます。団四郎くんも私鉄が動いているうちにと、大急ぎで楽屋を後にしていました。それにしても、こんな日に来るお客さんいてないんやないか?と思われたのですが、以外や結構な大入りで感心しました。
   
10月18日(土)尼崎城内寄席
尼崎城内地区の敬老会は、公民館で城内寄席。
ここ数年ずうっと続いています。
今年は公民館の隣にある保育園の運動会と
日が重なったため例年よりも参加が少なかったようですが、
大きな声で応援するのも、
大いに笑うのも、
健康にいいことですよね。