2014年2月の福郎
   
2月3日(月)護王神社節分祭
節分とは思えない温暖な日和とあってか護王神社の節分祭は、日曜日だった去年並の人出で賑いました。境内での落語奉納も、それをジィッと聞いている方々も、過ごしやすい陽気に恵まれ、良い一日でありました。
さて、森乃一門にメンバーが増え、仕事の前に我が家で名前を授けました。「命名 阿久太」
東映の俳優をやっているので、阿久太と書いて「アクター=actor」と読みます。この節分祭では青鬼役を務めましたが、「科捜研の女」などのTVドラマに出演していますので、応援してやってください。もちろん、噺家としての阿久太へのエールでお願いいたします。
   
2月6日(木)洛北RC
会長が平安高校での同級生、
次期会長も平安の同級生、
ということで
一席披露。
   
2月10日(月)角座
月曜の夜の「角座月夜はなしの会」ラジ関寄席でした。楽屋のモニターで失礼します。
   
2月11日(火)動楽亭
出番は、ほとんど日替わりです。
僕は13日(木)まで出演中。
   
2月15日(土)よしの寿限無亭ふたり会
前日14日は朝暗いうちから雪が降り出し京都市内で4cmの積雪、あっちこっちで電車や高速が止まり、今日がオフで良かった〜と思っていたのですが、吉野に来てみて雪の量にびっくり。市街地の人間がいかに甘やかされているか実感した「よしの寿限無亭早春番外編ふたり会」でした。
二番弟子・阿久太の初高座は「煮売屋」出来の方は、ま、あんなもんでしょ。
そしてタイトル「ふたり会」の二人、仁福と福郎で二席ずつ、計5席た〜っぷりお楽しみいただきました。
    
2月17日(月)第45回ときわ寄席
高槻のSTUDIO73で開催している「ときわ寄席」で、阿久太二回目の高座です。まだまだ、これから鍛えてまいりますので、次回6月9日(月)も懲りずにおつきあいください。
今までは師弟対談しかできなかったのですが、これからはバージョンが増えます。今回は、バージョンCでお楽しみいただきました。
@師弟対談その1).師匠vs一番弟子
A師弟対談その2).師匠vs二番弟子
B兄妹対談).兄弟子vs弟弟子
C一門対談).師匠vs一番弟子vs二番弟子
   
2月20日(木)第65回もぎた亭
今回もぎた亭で根多下ろしの新作は、松田裕志くん作「下流志向」に、所属作家全員が意見を出し合って叩き上げ、くすぐりを変え、タイトルまで「三択問題」と変えました。
冒頭から受けて、打上げも機嫌よく♪